クリスチャンは狭量(寛容ではない)のか?

Sunday, July 15, 2012

I Corinthians 6:9; 18-20

同性愛に対するクリスチャンの反応が、強い関心を呼んでいます。私たちのカルチャーの同性愛に対する見方が変わっていく中、クリスチャンは自分たちが同性愛嫌悪者、同性愛者差別者と見なされていることに気付いています。この二つの言葉はどちらも、クリスチャンを狭量な者として描くための言葉です。更に、同性愛志向なのは個人の選択によるものではなく、生物学的そして遺伝学的な要因によるものだと、今では多くの人が信じているので、同性愛に反対することが、人種を基準に人を否定しているように見られているのです。

これまでにクリスチャンは、貧困、人種差別、乳幼児殺しの風習、堕胎、奴隷制度、男尊女卑、そして不正を終わらせるために戦ってきました。偏見を持つ者として描かれることは奇妙に思えます。しかしながら、聖書の性的道徳への教えは、むしろはっきりしています。では、狭量だという非難に私たちはどう答えるべきなのでしょうか。今日のメッセージによって、いくつかの心得をお与えできればと思います。