霊とお告げ

Sunday, May 30

210529-Japanese

Romans 2:25-3:8

ローマ人への手紙2:25-3:8 レイ・ハームズ‐ウィエベ牧師

今日の箇所は外面的印と内側の現実に語っています。私達に馴染み のある印とは何でしょうか?結婚指輪は結婚の一貫性を象徴してい ます。もし私が指輪をしていなかったら、妻に何故かと聞かれるこ とでしょう。では、もし指輪をしていれば、妻に対して誠実である と言うことになるのでしょうか?私はカナダのパスポートを持って います。それは国境で私がカナダ人であることを証明してくれま す。では、もしカナダのパスポートを所持していれば、カナダに忠 誠を尽くしていることになるのでしょうか?良き国民となるので しょうか?

外面的印は何かを意味しますが、私達の心中の決意の強さを示す ことはできません。この箇所ではユダヤ人であることの特性を 語っているので、一見ユダヤ人で無い私達には無関係に見受けら れます。しかし、よく見てみると、イエスの弟子である私達に とって人生を変える程の二つの要因を見つけることができます。 その二つのものとは何でしょうか?