「福音の心髄」

Sunday, June 13

210612-Japanese

Romans 3:21-31

ローマ人への手紙 : 3:21-31
レイ ハームズウィーブ牧師

最初の人類であるアダムとエバは、恵まれた環境に生まれました。 彼らは、神に似せて創られた人間であることのすばらしさを全て享 受していました。彼らは神の庭で神と共に歩みました。彼らは、神 の素晴らしい創造物から豊かに与えられるていました。彼らに必要 なものは何もありませんでした。

しかし、彼らが神から離れて自分の道を行くと決めたことによっ て、ローマ人への手紙1:18-3:20に書かれているような人間の堕落 が起こりました。天の父と一緒に庭を眺めていた彼らは、一夜に して庭から永遠に追放され、生きるために必死に働くようになっ たのです。

彼らの子孫である私たち人間は、永遠に無力な罪の虜であり、罪 の奴隷であることから何とかして逃れることができないのでしょ うか。どのようにしたら神との正しい関係に戻ることができるの でしょうか?どうしたら神の御前に戻ることができるのでしょう か?

考えてみましょう:

  • もし、あなたがイエスに従う者であるなら、神があなたをご自 分のところに招いたときのことを覚えていますか? その時、あ なたはどのように感じましたか?あなたはどこにいましたか?
  • イエスに従う者として、あなたは自分が受けた赦しに注目しま すか、それとも神の前に正しく立つことができた理由に注目し ますか?なぜですか?
  • 今日の福音のメッセージの中で、どの点があなたにとって最も 意味がありましたかー義認、救済、または贖罪でしょうか。な ぜですか?
  • あなたは自分の信仰の強さよりも、信仰の対象であるイエスを より信頼しているという証拠は何でしょう。